読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常夏によりそう暮らし

結婚6年目でマレーシアへ移住。英語も話せないし、海外生活もはじめて。はじめてづくしの日常を切りとってみたいと思います。

ピンクモスクへ‼

観光ばなし。

雨季に入ってすぐだったから、曇りがちな空。

帰り際には、ザーッときてすこし残念でした。

 

【Masjid Putra (プトラモスク)】

通称・ピンクモスク

f:id:minakonami1021:20161124163347j:image

 

モスクとは、イスラム教の礼拝堂。

礼拝堂の中は、ムスリム(イスラム教徒)しか入れない場所がほとんどだけど、観光客も入れる場所がすこしだけ開放されている。

 

敷地内では、イスラム教の決まりにのっとって、女性は全員ケープを身に纏う。

(男性も短パンの場合は着用しなければならないそうです。)

無料で貸してくれるから、何も持たずに行って大丈夫。

貸し出しカウンターの前に立ったら、担当の人が全身眺めて、さっとケープを渡してくれました、笑


f:id:minakonami1021:20161124162656j:image

こんな感じ。

 

観光客が見学できる場所からの様子。


f:id:minakonami1021:20161124172700j:image

天井がとても美しかった。

 

礼拝堂のなかでは、お祈り時間じゃないけど、ムスリムが点々と床に座っている。

 

モスクの周りをぐるっと歩くと、見晴らしのいい場所があって、なぜか心が洗われるような感覚に。

(言うなれば、伊勢神宮の空気感。伝わるかな。)

不思議な気持ち。

 

土曜日だったけど、そんな激混みではなかったです!

 

注意すべきことは、行く時間帯。

お祈りの時間と見学の時間が分かれているそう。

 

【見学時間】

土曜日〜木曜日

9:00-12:30/14:00-16:00/17:30-18:00

金曜日

15:00-16:00/17:30-18:00

 

わたしが行った時間帯は14-16時。

ちょうどお祈りがはじまる前には敷地を出ていました。

 

礼拝の合図「アザーン」もしっかり聞きましたよ。

アザーンについては以前の記事に書いています。

早朝に鳴り響く声 - 常夏によりそう暮らし

 

夜のピンクモスクも素敵なようなので、また行ってみたいなー。

ほかの観光スポットにも行ってみなければ..!

 

そうそう、もうひとつ注意!

ご存じの通り、マレーシアは常夏なので、ずっと暑いし、雨が降る日とか特にむし暑い!

そんな中、モスクではケープを着るでしょう。

わたしめちゃくちゃ暑くって、、。

知らぬ間にすんごい汗かいてたんですよね。

それで、出るころにはなんか頭痛くなってきて。

いつもの偏頭痛かなーと思って気にしてなかったんだけど、そのあと街を徘徊してたら、ひどくなってきて、吐き気まで。

夜ごはんはすごく楽しみなアロー通りだったのに、一口食べたら吐き気。

こんな思いをしたことはなくて、泣く泣く食べずに帰宅。

一緒にいたみんなにはごめん、、という感じでした。

 

帰ってきて気づいたけど、これは脱水症状もしくは熱中症だったということ。

スポーツドリンクがぶ飲みして、あたま冷やして一晩寝たら治りました。

みなさま、マレーシアで観光ないし厚着をする場合は、こまめな水分補給を!!

ご注意ください、、。

(わたしだけかな。。)